• 履歴書で大事なこと

    職業訓練部の宮﨑です。
    今日は、訓練内で行っている就職支援についてお話したいと思います。

    就職支援では、履歴書の書き方の授業があり、職歴や志望動機の書き方などのアドバイスをしています。
    人によって職歴もさまざまなので、「こういう風に書いた方がいい」と個別に添削もしています。

    また、写真の印象はすごく大事なので、実物よりも暗く見える写真だと「もう1回撮り直しては?」と言う時もあります。
    私がそう思うようになったのは、実は以前驚いたことがあったからです。

    50代の女性の受講生でしたが、履歴書を出したいので、書いたものを見てほしいという相談でした。
    一通り内容を見ましたが、丁寧に良く書けています。

    私「よく書けてますね!」
    女性「ありがとうございます」

    嬉しそうに笑ったあと、「写真も見てほしいんですけど…」と2枚の証明写真を取り出しました。

    私「あ、2枚あるんですね。拝見しますね」

    写真を2枚受け取って見てみたところ…

    あ、あれ…?なんか…!!

    全然違うよね!?

    思わず顔を見てしまうほど、違ってるよ!
    肌とか表情とか…。
    年齢的にマイナス5歳は違いました!

    私「全然違いますね!こっちが絶対いいですよ!」
    良く撮れてる方を速攻で渡しました。

    私「どこで撮ったんですか?」
    女性「〇〇写真館です」

    …写真館恐るべし。プロは違うな。何かいろいろ違うよ。道具かな?スキル?

    その後、その方は応募したところに無事採用されました。
    写真が理由かどうかは不明ですが、「撮り方でこんなに違うのか!」に驚いた話でした。

  • DX(デジタルトランスフォーメーション)って?

    人財育成部の小池です
    毎日のようにDXという言葉を耳にしますよね
    この数年で頻繁に見聞きするようになりましたが、言葉としては2004年に登場したそうです

    初めて聞いたときにDXを調べたら、デジタルトランスフォーメーション:ITを活用して生活をより良くすることというようなことが書いてありました
    ふわっとしていて、IT化、デジタル化と何が違うんだろう?と釈然としませんでした
    ですし、うちの会社では具体的には何をしたらいいんだろう?
    ペーパーレス化?RPA導入? などなど疑問がいっぱいでした

    最近はDX関係のセミナーも多く開催されていて、昨日、佐賀県立産業技術学院の在職者向けのDX基礎の訓練を受講してきました
    その中で経産省の定義をざっくりいうと、「ITを活用することで組織等を変革し、競争上の優位性を確立すること」ということでした

    単純にアプリやシステムを導入して、楽になったね、便利になったねではなく、例えばそうしてテレワークの体制が整備されたので、社員の働き方が変わった=組織が変革されたとか、デジタル化によって分析力がアップし、それをマーケティングに活用し新たな商品やサービスを開発し競合他社に対して優位に立つことができた というようなことのようです
    これもわかりづらいですかね?(笑)

    DXを進めていく中で、研修や人財育成でも共通ですが、「目的を明確にすること」が大事だなと改めて感じました。DXによって研修によってどういう人財に育ってほしいのか、会社としてどんな姿でありたいのかというまずはゴールを設定し、現状とのギャップを把握すると、何をすればよいか見えてきそうです

  • 祝☆ブログ開設

    本日よりスタッフブログを開設しました。
    第1回は私、代表の坂本が担当します。
    私自身、文章を書くことに苦手意識が強く、まずは動画の配信から先に始めたのですが、やはり文字でも発信したほうが良いというアドバイスもあり、一念発起しました。拙い文章になるかと思いますが、これからどうぞよろしくお願いいたします。

    今回は、動画でも話していますが、会社を立ち上げた想い、事業内容について少しお伝えしたいと思います。

    元々フリーでパソコンのインストラクターをしていましたが、個人で受けられる仕事には限界があり、お断りした仕事もあり、なんとかもっといろいろな方(everyone)のいろいろな(everything)ご要望(needs)にお応えしたいという想いで会社を設立しました。

    「もっと輝く自分に!」を理念とし、
    昨日より今日、今日より明日と成長し続ける会社を目指しています。
    その思いは自社だけでなく、当社と関わる企業や組織においても社内みんなの想いをひとつにし、「人も組織も輝く社会」を共に創る、そんなお手伝いをしていきたいと思い、主に3つの「つなぐ」を柱に活動しています。

    1つ目は、企業と求職者をつなぐ、職業訓練
    2つ目は、社長とスタッフをつなぐ、企業研修
    3つ目は、個人の現在と未来をつなぐ、キャリアコンサルティングという個別面談

    職業訓練、企業研修、キャリアコンサルティング、この3つの柱の詳細についてはまた次回詳しくお伝えできればと思います。